更年期の不眠!寝れない原因はなに?対策は?

40代の女性です。二児の母として子育てもしてきました(現在子供は成人しました)

結婚歴は23年です。仕事はパートタイムでパソコンの数字入力作業を1日に4時間で週に5回程度しております。

私は思えば、子供の頃から夢をよく見る体質で子供にしては眠りが浅かったと感じます。

小学生高学年の時にはよく親に眠れないと言ったことを覚えています。

トイレにも夜中に起きていく事も当時からあった記憶をしています。

そんな私が本格的に不眠で悩むようになったのは2人目の子供を産んだ直後からでした。

当時は三時間の授乳に加えて上の子の面倒や、朝も早くから夫のお弁当つくりなどをしていたので、ちょこちょこ眠るような睡眠習慣だった思います。

なので、子供と一緒に眠りについてもすぐに目が覚めてしまう事が多くて、結局朝型まで眠れないという事もありました。

そんな睡眠の仕方で1日育児をするのは勿論厳しくて大変でした。

前日にろくな睡眠ができていないので、当然その晩は眠れると思いきやまだ眠れません。

そんな事を繰り返しているうち体調を崩してしまいました。

病院へ行った時に(婦人科)その旨を話すをすぐに睡眠薬を飲むことを勧められました。

まずは乱れた睡眠サイクルを正常にさせるために、毎日23時になったら睡眠薬を服用するように言われました(睡眠薬を飲んだ時期は授乳の終了していたので、しばらくの間はもし下の子が泣いたら私の母日に見てらう事になりました)

睡眠薬を飲むようになると嘘のようにすっと眠れました。

医師はまずが睡眠サイクルを戻してから、次のケアしていくと告げたので、睡眠サイクルが整った2週間後にまた受診しました。

お風呂は睡眠の1時間以上前に入る事、夜は紅茶、珈琲をさけてハーブティーにすること、就寝1時間前はダウンライトや間接照明にすること。

毎日飲んでいた睡眠薬を3日に一度程度(その後もう少し感覚をあけました)にすること。

それらを守って、なるべく寝る前に興奮するようなテレビを見ることは避けました。

一番最初に睡眠薬のお世話になっから20年くらいが経過しましたが、その後は不眠症気味になると睡眠サイクルを整えるために薬を使う事もありながら、現在は寝る前のパソコンやスマホいじりを辞めて、睡眠の一時間以上に前にお風呂を済ませて、その後は手足を温めるようにして暖かい飲み物を頂いて不眠になることはほとんどなく過ごせています。

やはり人間は睡眠がとても大切なのでこれからも質の睡眠をとれるように気をつかっていきたいと思います。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply