更年期に重要な女性ホルモンとは?どんな種類があるの?

女性ホルモンって?

女性ホルモン、名前は聞いたことがあると思いますが、どのような役割を果たしているかご存知ですか?

女性ホルモンにはコラーゲンを生成する働きがあり、髪の毛やお肌、爪などのうるおいやはりを保つために必要だったり、骨の密度を保ったり、コレステロールを調節したり、記憶力の低下を防いだり、精神の安定を保つために欠かせない存在なのです。

女性ホルモンって一生あるもの?

女性ホルモンは初潮を迎える12歳前後から活発になり、20-30代でピークを迎え、以後は緩やかに減ってゆき、50代前後の閉経を迎えるまで分泌されているといわれています。

人生で一番輝いているともいえる20代後半からでも、きたるべき女性ホルモンの低下に備えておくことが大切なのです。

女性ホルモンの分泌が低下することによって体調を崩さないためにも、栄養のあるものを食べる、しっかりと睡眠をとる、適度な運動をすることを心がけておきましょう。

女性ホルモンには種類があるの?

女性ホルモンにはエストロゲンと呼ばれるものと、プロゲストロンと呼ばれているものがあります。

エストロゲンは卵胞ホルモン、プロゲストロンは黄体ホルモンとも呼ばれています。

お肌や髪の毛のつやを保ったり病気を予防する働きをするのがエストロゲン。食欲を増進させたり基礎体温を上昇させる働きをするのがプロゲストロンです。

ホルモンの量は一日で変化することはありませんが、生理周期(月経期→卵胞期→排卵期→黄体期)にあわせて増減します。

エストロゲン→プロゲルトロン→エストロゲン→プロゲルトロンこの順番で繰り返され、ダイエットをするのならエストロゲンが分泌されている排卵期がおススメともいわれています。

一方、プロゲルトロンが分泌されている黄体期には体がむくみやすくなってしまうので、体を休めるのに適しています。

女性ホルモンは増やせるの?

ホルモン自体を増やすことは難しいですが、女性ホルモンに似た働きをする成分を含む食品を摂取することにより、お肌のコンディションを整えるサポートをすることは可能です。

昔から日本の食卓に欠かせなかった食品である大豆にはイソフラボンが含まれていて、このイソフラボンがエストロゲンに似た働きをすることが報告されています。

とはいえ、大豆製品ばかりを摂取することは栄養バランスを乱してしまうのでほどほどに。食べたり飲んだりするだけでなく、イソフラボンに着目したコスメを使うことも効果的ですよね。
女性ホルモンについて理解していただけたでしょうか。

男性ホルモンは加齢とともに増えていくけれど、女性ホルモンは加齢とともに減っていく。ひげが生えたり毛深くなるのは男性ホルモンが活発になるためともいわれています。

女性ホルモンが低下してからケアを

行うのではなく、常日頃から自分自身の体調に心掛けると同時に、鏡と向き合う時間を大切にしましょう。

Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.